韓国かぶれ

K-POP、韓流映画、韓国料理などの旬なネタに飛びつきます

韓国映画

イ・ビョンホン主演映画「それだけが、僕の世界」が東宝系で12月28日より公開

投稿日:

『国際市場で逢いましょう』の監督 ユン・ジェギュンが製作総指揮なので期待できます

イビョンホンのここ1.2年に日本で公開された『インサイダーズ/内部者たち』『MASTER/マスター』は、とても面白い作品でしたね。

『インサイダーズ/内部者たち』は、人の手足をノコで切り取ろうとするシーンはゾッとしますが‥。

イビョンホンも、自分が体を切られる立場になって‥、韓国裏社会の怖さが伝わってきます。

『MASTER/マスター』は、実話を映画化した作品で、巧妙な手口で会員を募る投資会社を作り、多額のお金を集めてトンズラしてしまう代表にイビョンホンが演じています。

両方とも悪役ですが、『インサイダーズ/内部者たち』では、裏切られた相手に対して、検事と組んで大きい悪に立ち向かおうとします。

韓国映画を観ててゾッとするのは、ヤクザなどの裏社会で生きる人間が悪なのはどこの国でも一緒にですが、そういった輩と正義であるはずの政治家や検察官がグルになって、ヤクザ以上に卑劣な行動を起こしたりシーンが当たり前のように描かれているところです。

今年2018年3月に日本公開したチョン・ウソン主演の『ザ・キング』などはまさしくぴったりの映画で、チョン・ウソン演じる検事部長が大物政治家とグルになり、実践部隊のチンピラを配下に従え、平気で悪事を行ないます。

『ザ・キング』には面白いシーンがあります。

それは、以前にテレビで人気になった新垣結衣主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のドラマ内で踊るダンスように、いきなりメインキャスト3人で踊り始めるのです。

結構ポーズが決まっているので、相当練習した成果かもしれません。

是非、興味ある方は作品をご覧いただければと思います↓

今回イビョンホン主演する作品は、「それだけが、僕の世界」という映画です。

今回の役柄では、イビョンホンの髪型が相当ダサくなっています

いつもカッコいい役が多いイビョンホン様ですが、今回はだっさだっさの格好で演じています。

劇場はTOHOシネマズシャンテ他、全国の東宝系劇場で公開されます。

今回全国の劇場くまなく公開される予定です。
公開劇場サイト

TOHOシネマズシャンテは、韓国映画は定期的に上映する劇場になるのでは‥

ユ・アイン主演「バーニング 劇場版」が2019年2月に日本公開決定しました。

KSTYLEという韓国系サイトの映画ニュースの中に、
今回の「バーニング 劇場版」の記事があり、
その記事の中に2019年2月TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショーと書いてありました。

TOHOシネマズ シャンテは12月にイビョンホン主演映画を公開し、2月に韓国映画「バーニング 劇場版」するので、今後は定期的に韓国映画を公開してくれそうな期待が高まります。

是非毎月1作品ペースで公開していただきたいものです。

TOHOシネマズ日比谷は、今年3月にオープンしすぐ近くにあった2つの劇場を合わせて、13スクリーンで運営しています。

そのすぐ近くに以前からあったTOHOシネマズ シャンテは、TOHOシネマズ日比谷のオープンに合わせて一時期閉館することで決まっていましたが、何故か存続することになりました。

TOHOシネマズ シャンテ、3館での営業になります。

近くには自社のTOHOシネマズ 日比谷が13スクリーンもあるので、差別化を図るためにも、是非韓国映画をメインする映画館になってほしいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
にほんブログ村 ←ご協力お願いします

-韓国映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シネマートで上映される「のむコレ」に4本の韓国映画が上映されます

「のむコレ」って言われても、なんだかわかりませんよね すごい題名をつけると思いましたが、以下が答えです 「のむコレ」は、「のむらコレクション」の略で、シネマート新宿/⼼斎橋の番組編成担当・野村武寛⽒が …

韓国ホラー映画歴代2位の「コンジアム」が日本での上映が決定!(全国公開)

韓国ホラー映画歴代1位は箪笥/たんす! こちらが箪笥/たんすです↓ 映画『コンジアム』は『箪笥』に次ぐ韓国ホラー映画歴代2位を記録しました! 韓国で大ヒットした映画『コンジアム』が2019年3月23日 …

10月20日公開マ・ドンソク主演、映画『ファイティン!』を観に行ったら‥

本日10月20日よりシネマート新宿他にて『ファイティン!』が公開されました! 本日より全国でロードショー公開された『ファイティン!』に早速観に行ってきました。 映画館はもちろん、都心で唯一の韓国映画を …

【速報】2014年韓国で公開されたソル・ギョルグ主演映画が「22年目の記憶」という名で正月公開

2014年に韓国で公開、当時の日本題が「私の独裁者」でした、日本未公開 下のポスターは韓国で公開された当時のものです↓ 今回日本の映画題名を「私の独裁者」から「22年目の記憶」に変更し、2019年1月 …

韓国映画の「1987、ある闘いの真実」を観ました、泣けました‥

今年日本でも公開された「タクシー運転手 約束は海を越えて」も民主化運動の映画でしたが‥ 今年になってから2本続けて、韓国の民主化運動の名作を観ることができました。 「タクシー運転手 約束は海を越えて」 …